2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

web拍手

ご連絡

A.B.C. PEOPLE-Z

  • A.B.C.PEOPLE-Z

« あなたの声を聞くだけで。 | トップページ | あの眼差しの向こう。 »

2010年8月10日 (火)

幸せの記憶~『PLAY ZONE 2010~ROAD TO PLAYZONE』青山劇場

こんにちは

今日は、朝から雨
いつもより気温も低くて過ごしやすい一日でした。

土曜日出勤した分の代休をいただいて、今日はお部屋でのんびり
今日しか書けないと思い、記憶の奥底に沈みそうになっていた青山で過ごした幸せだった日々をすくい上げてきました

もうずいぶん記憶もあいまいな、ただの覚書ですが、よろしければ【続き】からどうぞ

『PLAY ZONE 2010~ROAD TO PLAYZONE』青山劇場

7月10日 13:30公演
7月11日 13:30公演 
7月31日 13:30公演 / 17:30公演
8月 1日 17:30公演

■opening
紗幕のむこう。丸く照明が当たるとその部分に立っておられる今回の出演者の皆さまが、順に浮かび上がる。
翼さん、屋良さん、中山さん、森本さんあたりはお一人ずつ。それ以外の皆さまは、ユニットごとに。A.B.C-Zちゃんたちは、上手にいらっしゃいました。

■『You & Me & Who?』
2006年の『PLAY ZONE』とほぼ同じ振付のような気がします。
なんだかちょっと懐かしい。
五関さんは、上袖から一番最初に出てこられるのですが、フリーズして動き出して・・・の繰り返し。気持ちが前へ前へ向かっているのか止まっているのに止まりきれていないあたりも(^_^;)とっても五関さんっぽくて。
どんどん速くなっていくところを見ても、ここから五関さんが、本気を出してくださっているんだということが伺えます。

■『ONE STEP BEYOND』
一番最初に見せていただいた10日公演では、ヤラさんとA.B.C-Zちゃんたちでうたっておられたこの曲。
11日からは、A.B.C-Zちゃんたちだけで☆
バックのホリゾントに、流れる・・・というかどんどん浮かび上がってくる『A.B.C-Z』の文字(笑)
サントラを聞かせていただくと、戸塚さんのお声がとってもよく聞こえてきます♪

■お稽古場
塚ちゃん。すごくいいキャラ!そんな塚ちゃんの扱いをちゃんと心得ておられるA.B.C-Zちゃんたち。普段もこんな感じなのかしら(笑)
ここは、観る回によって少しずつアドリブが加えられていて、笑わせていただきました。
上手面で、ひたすら踊り続ける塚ちゃん。汗が目に入るのか、時折ぎゅっとお目目を瞑ったりあけたりしておられる表情がかわいかった♪
五関さんの頭に手を置いて「きみ」なんて呼ぶ郁人さん。いろいろ「大丈夫!?」なんて思っちゃいました(笑)
お気に入りは、郁人さんの「見ないであげてください」というお言葉を聞いて、自分の掌でお目目を覆うA.B.C-Zちゃんたち(笑)

■ダイヤモンド・アイズ
A.B.C-Zちゃんたちは、白シャツ、黒パンツに、水色のスパンコールつきベスト。後ろが短い燕尾になってるの。
五関さん、あまりお似合いではないかな(笑)
この曲の戸塚さんのダンスが、とっても個性的だった気がします。←この曲に限らずなのかもしれませんが(^_^;)

■レイニー・エクスプレス
しっとりしたバラード。
ほんの少し憂いを帯びたような郁人さんの表情が、とってもきれいだなぁと思ったのを覚えています。

■迷子ちゃん。
ここで五関さんが、着ておらるジャケットがすごくかわいかった♪
お似合いでした(*^_^*)
等身大の役とはいえ、今回の舞台に関しては五関さんが一番年上という設定ではないのか「それを早く言えよ」なんて戸塚さんが五関さんに声をかけておられたりもしました。
11日のこのシーンで、郁人さんのお口からなんでもないことのように軽い口調で、9月日生舞台が発表されたんですよね。
ハケ際、「さすがとっつー!」「さすがだよ!」と必要以上に、戸塚さんに絡む塚ちゃん。戸塚さん、笑っておられた。

■『スノープリンス』
森本さんが、下手面でうたっておられるとき、四角い照明の中にいらっしゃるのですが、森本さんがセンターに向かって歩いていかれると、正方形だったその証明がどんどん歩いていく方向に延びて、長方形になっていくの。
ここは、その照明に夢中でした(笑)

■オーディション
もうねー、上手奥、審査員として座っておられるA.B.C-Zちゃんたちとゼイのみなさん、それから翼さんのわちゃわちゃした感じが、とっても楽しそうで好きでした☆
戸塚さんは、いつも椅子を引きずっていって翼さんとおしゃべり。
10日の公演だったかな。五関さんが落書きした何かを橋本さんに見せておられたのですが、そしたら橋本さんの笑いが止まらなくなっちゃって。ずっと書類に隠れて笑っておられたの。
ここでも、塚ちゃんはいい味を出しておられます(笑)

■教育係
誰が教育係になるか揉めるゼイとMADの皆様、ヤラさんのもとに、駆け寄ってくるとってもリゾートなお衣装に身を包んだA.B.C-Zちゃんたち(笑)
もうそれだけでとってもおかしな画に(笑)
五関さん、お花の髪飾りがかわいい。水色のシャツに短めの紺のパンツもお似合いでした(*^_^*)
戸塚さんは、アロハシャツを着て大きなかばんを持っておられたかな。
郁人さんは、前半は大きなお帽子、後半見せていただいたときはお魚さん(笑)を被っておられました。
そして、ここでもおかしかったのは塚ちゃん。黄色い水泳帽に「ツカダ」の文字。そしてシュノーケル(笑)

■無人島
塚ちゃん最高(笑)
「・・・ごめんね」あの絶妙の間に笑わせていただきました(笑)

■『Tell Me How-We go to win』
無人島で踊る最初の曲。
A.B.C-Zちゃん、ヤラさん、中山さんたちが円を作った真ん中で、七五三掛さんと背中合わせになって踊る五関さん。
ちびっこセレクト・・・?(^_^;)
でも、ここ好きでした。
七五三掛さんも、とってもリズム感が良くて、真ん中で踊る二人がとっても軽いステップを踏んでおられたのが印象的でした。

■無人島
大きな葉っぱと枝を持ってくる五関さん。郁人さんに軽くあしらわれておられた(笑)普段も・・・いえ、そんなはずはない!?
大きなきのこを頭に乗せて持ってきた森本さんに「返してきなさい」という郁人さん。その言い方が、なんかツボだった。お兄ちゃんぽくて好きでした♪
それから、「塚ちゃんのことは忘れない」という郁人さんのセリフも印象に残ってるなぁ。あの気持ちのこもっていない感じがおかしかった(笑)

■『Guilty』
野犬のシーンで踊っておられたダンスですよね。
ひじを曲げた両手を左右に振りながら移動する振り付け。
あれ、郁人さんだけ(ヤラさんもだったかな)前をしっかりと見据えておられるのですが、あとのみなさんは下を向いておられるの。
2005年『PLAY ZONE』の『mysterious dance』を思い出しちゃいました(笑)
曲が始まる前、ヤラさんとA.B.C-Zちゃんたちで円陣を組んでおられたのも印象に残っています。

■『輝く瞳』
この曲、大好き*・゜゚・*:.。.
でも、なぜかどんなふうにA.B.C-Zちゃんたちが踊っておられたかはあまり思い出せない(^_^;)

■『ROAD TO PLAY ZONE』
みなさんの気迫がすごい!
郁人さんのあの攻撃的な目がたまらない!!
五関さんも、びっくりするくらいの本気ダンス*・゜゚・*:.。..
ホントに素敵だった(*^_^*)
後半見せていただいたときに、橋本さんがびっくりするくらいシャカリキに踊っておられたのもよく覚えています。
橋本さん、こんなふうに踊ったりもするんだぁ・・・って新しい発見をした気分でした。かっこよかったよ♪

■『どうなってもいい』
この曲だったかなぁ。
すごくフォーメーション移動があって。
みなさんが、上下へ移動されるなか、ひたすらその場で踊り続ける影をひとつ発見。
0番奥が、定位置らしい橋本さん。
動かなくていいポジションに置いてもらっておられました(笑)
でも、フォーメーション移動はなくても、ホントに一生懸命踊っておられて、すごく感動したの。

■『It’s BAD』
2001年『PLAY ZONE』再び!!
9年前、この曲を踊る五関さんにくぎ付けになったことを思い出しちゃいました。
振り付けもほぼあの頃と同じ。
舞台面センターで踊る五関さんに、目を奪われ息をするのも忘れそうになっちゃいました。
あの頃と違うのは、五関さんがオトナにおなりになったこと。
すごく色っぽくてどきどき。

■お稽古場。
セリが下がったあとのお芝居で、執拗に江田さんと野田さんのお名前を呼ぶ戸塚さんがおかしい(笑)
後半見せていただいたときには、ヤラさんが戸塚さんのお名前を何度も呼んでおられたなぁ。
「お前は新人か」ヤラさんに言われる五関さん(笑)あのセリフ、すごくさらっと流されていましたが、笑うところですよね・・・?(^_^;)

■のえるさんを助けに行く中山さんたちを見送るシーン。
このシーンに出てくるジャージ姿の郁人さんと戸塚さんが好き。
中山さんたちの背中を見つめるお二人のほんの少し憂いを帯びた表情にきゅんとしちゃいました。
「お前ら稽古始まってるぞ」とヤラさんに声をかけられた郁人さんと戸塚さん。前半見せていただいたときは、「はい」とお返事しておられたのに、後半はお返事しておられなかったのが、ほんの少し気になりました。

■お稽古場
一時間後に通し稽古をやろうとおっしゃる翼さんに食ってかかる郁人さんと戸塚さん。「とっつー。」そんな戸塚さんに声をかけるつかちゃん。ここだけは、それまでの天然さんキャラではなくて。戸塚さんを気遣う気持ちがそのひとことにちゃんとこめられている気がして好きだったなぁ。
そのあとの五関さんも素敵だった。
このシーンの五関さんは、やっぱり一番お兄ちゃんな感じ。
「ほら、できるところからやろう」とみんなを促すセリフや、翼さんが下手にハケるときに軽く頭を下げるしぐさとか全部が頼りになるお兄ちゃんだった。

■お稽古場
A.B.C-Zちゃんたちだけのお稽古シーン。
塚ちゃん、また元のキャラに(笑)
「それ話し変わっちゃうから」郁人さんの淡々とした物言いがさらに笑いを誘います(笑)
とつかさんの「よっしゃー!!」気合いたっぷりで、すごく印象に残っています(*^_^*)

■『幻炎』
この曲もとっても懐かしい。
最初に、センターに立つ翼さん。
そのあと順番に袖から出てきて、自分の立ち位置にぴしっとついていくJr.くんたち。
そのフォーメーションが、とってもきれいでいつも見惚れてた。
お気に入りは、翼さんから火をつけた棒!?を受け取りまっすぐ手を伸ばしたまま上袖にハケていく戸塚さん(笑)
あとは、センターに集まり外向きの円を作った状態で、手を動かすところ。
それから、翼さんが乗っておられるブランコを囲んで始まる儀式(笑)
それから、この曲を踊る郁人さんの無の表情がきれいすぎたのも印象的だった!

■『FUN DANCE』
一番最初に見せていただいたときは、オレンジのシューズが気になって気になってちらちらシューズを見ていたのですが(笑)
でも、気づけばそれも全然気にならないくらいとっても楽しそうなみなさんの笑顔にくぎ付けになっちゃいました(*^_^*)
11日。フリーズする前に滑ってよろけた五関さんの背中を慌てて支える橋本さん。フリーズの間中ずっとその姿勢。後ろを向いた五関さんの背中が震えていたのがおかしかった(笑)
五関さんは、橋本さんやヤラさんとおふざけしておられるのをよく目にしました。
衝撃的だったのは、白シャツのJr.くんと狂ったように踊る戸塚さん(笑)
思わず二度見しちゃったけど(^_^;)でも、とっても楽しそうでよかった(*^_^*)

■『想 SOH』
A.B.C-Zちゃんたちは、2006年『PLAY ZONE』でも、この曲のときに着ておられた水色スーツ。これ、五関さん、スーツがぶかぶかなんですよね(^_^;)
きっとそういうふうに振り付けられているんだとは思うのですが、ちゃんとうたっている方のお顔をご覧になっていたA.B.C-Zちゃんたちのことが印象に残っています。
5人それぞれが、なんだかとっても満たされた表情をしておられたような気がしました(*^_^*)

■『Liar』
みなさん白シャツ黒タキシードに黒タイ、白手袋。
こういうのって、珍しいですよね。
すごく見応えがあって、夢中になっちゃいました。
どんどん移動していく中で、五関さんと橋本さんのでこぼこシンメも見ることができます(笑)
お友達に教えていただいたのですが、森本さんは一生懸命カウントを口ずさみながら移動しておられるのだとか。
これ、きっちりタイミングを合わせるのがすごく難しそうですもんね。
びしっと揃った動きに感動しちゃいました(*^_^*)

■カーテンコール『ROAD TO PLAY ZONE』
先ほどのジャケットを脱いでシャツの上のボタンも外した状態で、舞台面一列に並んでうたうみなさん。
それぞれがとってもいい表情をしておられました(*^_^*)
最後、お隣に並んだ五関さんと塚ちゃんが、同じタイミングでお口の横に手を当て「ありがとうございましたー」と一緒に叫んでおられたのが、とってもかわいかった♪

« あなたの声を聞くだけで。 | トップページ | あの眼差しの向こう。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。